クレジットカードの支払い督促はマニュアルどおり

バイトで、クレジットカードの支払い督促をしたことがあります。

マニュアルに沿った話し方で、幾分丁寧です。

電話の相手は司法書士に依頼しており、次の対話は司法書士との話になっていきます。

専門家との対話はバイトのすることではなく、それ以降は電話をしません。
あくまでも督促だけの段階です。

督促は何段階にも分かれていて、1回目、2回目となっていくにしたがって、バイトから社員の対応に変わっていくようです。

返済ができなくなると、電話がよくかかるようになると思います。

そこで返済の約束をして、返済すれば電話がかかってきませんが、それが完済するまではコールセンターに記録が残っていてずっとかかってきます。

どうしても返せなくなったら、先のように専門家に相談して解決を計っていくほかありません。

このコールセンターもバイトや社員で仕事としてやっていることだから、過渡に取り立てるような人はまずいません。

実際に家にまできたら、けっこうなところまでトラブルが発展しているといえるので、それは逆にいえば取り立てすぎになる恐れがあると思います。